【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトの豆知識>トマトの色別分類・黄色系トマト、白系トマト

【トマトの分類・黄色系・白系トマト】


トマトの分類は、大きさや色で分類されます。 トマトを果実の色で分けると、
ピンク系、赤系、黄色系、緑系に大別されます。
ここでは、黄色系・白系トマトをご紹介します。
生食用として広く普及されています。

【黄色系トマト】
黄色のトマトにもリコピンは含まれています。
赤いトマトの方がリコピンが多いように見えますが、
黄色のトマトのほうが、リコピンの吸収が良いといわれます。

黄色いトマトの品種をご紹介します。
●レモンボーイ
黄色いトマト
普通のトマトより酸味が少なく、
ほのかに甘いのが特徴です。


●イエローミニトマト
黄色のミニトマトです。
酸味が少なく甘いのが特徴です。


イエローミニトマト(150g)

イエローミニトマト(150g)
価格:258円(税込、送料別)

【白系トマト】
●ホワイトビューティー
乳白色のトマトです。
実ががっしりとして、水分の少ないトマトです。
甘み、香りも普通のものより少なめ。
生より、料理に向いています。

[世界の果菜]ホワイトトマト

[世界の果菜]ホワイトトマト
価格:530円(税込、送料別)


●スノーホワイト
白いミニトマトです。
甘くて酸味が低い味です。




↑ PAGE TOP