【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトランド>トマトのリコピンの効果をあげる調理法

【トマトのリコピンを効果的にとる調理方法】


トマトのリコピンは、強い抗酸化がんや心臓病など
生活習慣病を予防売る効果があるので、
出来るだけ多く効果的にとりたいものです。
そのためには、トマトのリコピンを生かす調理方法をした方が
効果的です。

まずは、素材選びから考えましょう。
リコピンは、トマトの赤い色素です。
なのでより赤いもののほうがリコピンを多く含んでいる事になります。

その中でも、より完熟したトマト。
より赤いトマトの方がリコピンを多く含んでいます。
ピンク系トマトより、赤系のトマトのほうが、
リコピンを多く含み、栄養的には優れていることになります。

日本で生食用に出回っているトマトはピンク系です。
加工用に出回っているトマトは、赤系のトマトです。
こちらを使った方が、リコピンはたくさんとることが出来るのです。

日本人は、トマトを調理して食べるという感覚が薄く、
トマトはデザート感覚でも生のまま食べることが多いですが、
しかし、栄養の事を考えると、油で炒めた方が、
リコピンの吸収率が高まります。
そして、食用として出回っているトマトはピンク系トマトなので、
リコピンの事を摂取を考えると、損をした食べ方をしています。

栄養の事を考えると、赤系のトマトを油で加熱して、頂くと
リコピンの吸収率が高まるので、トマトはぜひ調理して食べたいものです。

その点を考えると、イタリア料理やギリシャ料理は、
より良く栄養を取り込む工夫がされているようです。
先人の知恵と言っても良いです。
イタリア人には、がん患者が少ないのは、トマト料理をたくさん食べているから
といわれます。

ちなみにリコピンは熱に強いので、炒めたことで破壊されません。
しかし、トマトに含まれるビタミンCの事を考えると、
トマトジュースなどが、お薦めです。

トマトジュースに使われるトマトも、調理用の赤トマトです。
しかし、市販のトマトジュースには、塩分が含まれているものもありますので、
塩分の取りすぎに注意が必要です。
トマトジュースを買うときは、無塩のものにしましょう。

トマトの栄養を生かす
トマトの簡単レシピをご紹介していますので、参考にしてください。

トマトレシピ集
トマトの温かいレシピ1
トマトの温かいレシピ2
トマトの温かいレシピ3
トマトの冷たいレシピ1
トマトの冷たいレシピ2
トマトデザートレシピ1
トマトデザートレシピ2
超簡単・美肌トマト鍋レシピ
ギリシャの簡単トマト料理レシピ!


↑ PAGE TOP